身分証明としてのクレジットカード

身分証明としてのクレジットカード

クレジットカードは身分証明代わりになる

クレジットカードは、海外ではある種の身分証明として使えます。

例えば、現金払いでレンタカーを借りるとき、高額な保証金を要求される可能性があります。

保証金は後から戻ってきますが、一時的にまとまったお金が必要になります。

しかし、クレジットカードがあればそれが信用となり、保証金を入れる必要がありません。

また、病気やケガで治療を受けるときに、十分な支払い能力が証明できなければ、予約すら受け付けてくれない病院もありますが、クレジットカードを持っていれば安心です。

backクレジットカード雑学集へ戻る
HOMEトップページへ戻る

スポンサーリンク
記事下レクタングル大
記事下レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加