信用情報機関について

信用情報機関について

信用情報機関には、支払い実績・カードの限度額・属性情報などが蓄積されている。もちろん信用事故があればそのことも記録される。

カード会社は、カードの申し込みを受けると、これらの機関に問い合わせて、その人の過去の支払い実績やカードローンの利用状況などの履歴をチェックして「信用」を供与してもよいか判断する。
大丈夫だと判断されれば、カードが発行されるし、ダメだと思われれば発行されない。

信用情報機関には、「全国銀行個人信用情報センター」(全銀協)、「CIC」、「CCB」、「全国信用情報センター連合会」(全情連)などがある。
これらの機関は相互に連携しているので、事故情報などについては情報交換されている。

クレジットカード利用においては、カード会社が加盟している機関にもよるが(銀行系カードなら全銀協など)、CIC・CCB・全銀協のどれかに情報が記録されることになる。

また、記録される情報にはホワイト情報とブラック情報がある。


ホワイト情報とは、購買データや残高などの良好な情報であり、ブラック情報が延滞などの事故情報である。

このホワイト情報を積み重ねていくことが金融機関から「信用」されるために重要なことでもあります。

backクレジットカード雑学集へ戻る
HOMEトップページへ戻る

スポンサーリンク
記事下レクタングル大
記事下レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加