延滞するとどうなる?

延滞するとどうなる?

カード会社の年間取扱高における延滞債権の割合は約0.5%といわれています。

では、もしカード会社からの請求を延滞するとどうなるのでしょうか?

延滞が1ヶ月未満の債権の場合は、オートコールシステム(自動電話)による督促の連絡や手紙による「入金のお願い」がきます。

うっかり残高不足などで延滞してしまった場合は、普通はこの時点で慌てて入金するでしょう。

もしこの「入金のお願い」を無視し続けると債権回収の担当者が自宅や勤務先を訪問します。
そして、それでも支払われないと法的手続きに移行していきます。

もうここまでくると、完全に「信用事故」でこれ以降はクレジットカードをつくったり、ローンを組んだりすることができなくなります。(信用情報機関から事故情報が消えるまで)

「家を買おうとして住宅ローンを組みに銀行に行ったら、若い頃起こした「信用事故」のせいで、どの銀行からも門前払いをくらった。」なんていう話も聞きますので、自らの信用情報はキレイに保っておきたいものです。

逆に言うと、普通のうっかり残高不足で延滞してしまったけど後ですぐに支払ったというケースでは延滞で利息は少し払うことになりますが、「信用事故」にはなりませんので必要以上に心配する必要はありません。

backクレジットカード雑学集へ戻る
HOMEトップページへ戻る

スポンサーリンク
記事下レクタングル大
記事下レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加