ネットでのクレジットカード使用は安全か?

ネットでのクレジットカード使用は安全か?

インターネットとクレジットカードとの相性はとてもよいです。

プロバイダー料金の支払いやネットショッピングの支払いなどクレジットカードを使う場面はとても多いです。  

ですがカードを悪用されたというニュースが多いことから、ネットでクレジットカードを使うことは安全なのか疑問に思っている方も多いでしょう。

結論から言うと、きちんと対策していれば安心です。

対策とは、まず一つ目は、ネットショッピングでカード番号を入力するページでSSLマークが表示されているか確認すること。

SSLマークとはウェブサーバーとブラウザの間でデータ通信の暗号化がされていることを示す証明書のこと。

このマークがあればカード番号が暗号化されて送信されるので安心です。

逆にカード番号入力のページでSSLマークがなかったら入力しない方がいいでしょう。

二つ目は、カード会社の利用明細は毎月必ずチェックすること。

利用明細を毎月チェックしていれば、自分が使っていない不審な記録などがあればすぐにわかります。

もし不正使用されていたらカード会社に連絡したり警察に届出たりすれば、支払う必要はありません。

しかし気づかずに放置して半年後に気づいたとしても、もう手遅れです。
その場合は補償してくれません。

三つ目は、怪しげなサイトや小規模なサイトでは使用しないこと。

怪しげなショッピングサイトでカードを使わないのは当然ですが、小規模なサイトでも避けたほうが無難です。

大手の有名なショッピングサイトならセキュリティや個人情報管理などはしっかりやっていますが、小規模なショップの場合、もしかしたらずさんな管理をしているかもしれません。

無名で小規模でも、ほとんどのショッピングサイトはちゃんとした管理をやっているとは思いますが、トラブルに巻き込まれる確率が大手サイトに比べるとやはり高いと思います。

もしそのようなサイトでカード払いがしたい場合は、使うたびに使い捨てのカード番号が発行されるプリペイド式カードを使うと便利です。

その場合もしカード番号が流出したとしてもまったく問題ありません。

デビットカードですが、
ジャパンネット銀行
が発行しているワンタイムデビットというのがありますので興味がある方は参照ください。

以上の三つのことを守っていれば安心してネットでクレジットカードを使えます。

backクレジットカード雑学集へ戻る
HOMEトップページへ戻る

スポンサーリンク
記事下レクタングル大
記事下レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加