ポイント還元率とは

このページでは、クレジットカードのお得度の目安となるポイント還元率について説明します。

カードを利用するとポイントが貯まります。

その貯まったポイントを金券等に交換した場合、利用額からいくらの金券がもらえるか。
つまりカード利用額のうち利用者に還元される率のことをいいます。

例えば、100万円のカード利用で5,000円の金券がもらえるなら0.5%。
10,000円の金券がもらえるなら1%ということになります。

ポイント還元率の計算方法

まず、いくらの利用で何ポイントもらえるのか?
何ポイントでいくらの金券と交換できるのか?(1ポイントあたりの価値)を調べます。

クレジットカード会社のホームページで調べます。

例:三井住友カード

1,000円の利用→1ポイント
1,000ポイント→VISAギフトカード5,000円分=1ポイントあたり5円
1,000円の利用→5円(1ポイント)還元

還元率:0.5% となります。

このほかにボーナスポイントとかがあるとちょっと複雑になってくるのですが、基本は上記のやり方で求められます。

このサイトでは、世の中に溢れるクレジットカードのポイント還元率を計算して分析・比較してますので、ご自身で調べる必要はありません。

一般的なポイント還元率

それでは世の中に溢れているクレジットカードたちのポイント還元率はどのくらいなのでしょうか?

一番多いのが還元率0.5%のカードです。

しかし、私は還元率1%未満のクレジットカードはオススメできません。

なぜならもっと高いポイント還元率のカードがあるからです。

なかには2%や3%を超える高還元率カードもごくわずかですが存在します。
ぜひ当サイトを使って、お得なカードを見つけてください。

next付帯サービスとは へ進む

スポンサーリンク
記事下レクタングル大
記事下レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加