個人ローン収益減響く

個人ローン収益減響く

クレジットカード各社がポイントの特典見直しに動く背景には、個人向けローンの金利規制強化がある。
収益を支えてきた年20%台後半のローン金利が18%以下に下がり、「持ち出し」となっているポイント負担の重みを吸収しにくくなってきたためだ。(日経新聞)

 こうゆうニュースを見ると、これまでクレジットカードで金利なしの一括払いで、なおかつしっかりポイント貯めていた人がどれだけ得していたかっていうのが分かりますね。

 ローン収益が減ったらそれまでのポイント制度が維持できないってことは、キャッシングなどの個人向けローンからの収益がポイント還元に回されていたということ。

 我々のようにポイントで得してるような人たちは、キャッシング等でお金をいっぱい落としてる人に感謝しなければなりませんね。

 これからは上限金利が下がって、その恩恵も少なくなってしまいますけど。

クレジットカード最新情報へ戻る
ホームトップページへ戻る

スポンサーリンク
記事下レクタングル大
記事下レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加