ライフカード

ライフカード

基本情報

ライフカード 株式会社ライフ
詳細・申込→ライフMasterカード

年会費 国際ブランド ポイント還元率 ポイント有効期限
無料 VISA/MasterCard/JCB ~1.33% 最大5年間
ETCカード 家族カード ロードサービス 空港ラウンジ
無料 無料
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険
マイレージ マイレージ還元率 移行手数料 移行上限
ANA ~1.2% 無料 なし
その他サービス

・お誕生月ポイントボーナス
・スペシャルポイントボーナス
・新規入会キャンペーンポイント
・カード会員補償制度
・不正利用24時間監視サービス
・海外旅行サポートデスク
・ネットショッピングあんしんサービス

ポイント還元率

*ライフカードは2011年4月1日から新しいポイントプログラムになりました。

 

ライフMasterカード
は前年のカード利用額に基づいてステージが決まり、ボーナスポイントが適用されるタイプのカードです。

1,000円利用→1ポイントが基本で、それに以下のようにステージに基づいてボーナスポイントが付与されます。

ステージ名 適用条件

ポイント付与

レギュラーステージ なし 1倍(1,000円→1p)
スペシャルステージ 前年度、年間利用金額50万円以上 1.5倍(1,000円→1.5p)
プレミアムステージ 前年度、年間利用金額150万円以上

2倍(1,000→2p)

次に、1ポイントの価値を算出してみます。
主な交換対象商品を表にまとめてみました。

交換商品 必要ポイント数 1ポイントの価値
ポイント交換
(ドコモ・au・楽天)
300ポイント以上100ポイント単位 1p=5円
ギフト券 5,000円分
(JCBギフトカード・図書カード・QUOカード・JTBトラベルギフトカード)
1,000 1p=5円
ギフト券 10,000円分 1,800 1p=5.55円
ギフト券 50,000円分 8,800 1p=5.68円
ギフト券 100,000円分 15,000 1p=6.67円
ANAマイレージ 300ポイント以上100ポイント単位 1p=3マイル(6円相当)

ポイントを貯めに貯めてギフト券に交換するのが一番ポイントの価値が高くなるようです。
ちなみにライフカードのポイントは、しっかり繰越手続きをすれば有効期限は5年間ありますのでそんなにヘビーユーザーではなくても狙うことはできます。

最後に、交換対象別・ステージ別にポイント還元率を算出してみます。

  ギフト券5千円分 1万円分 5万円分 10万円分 ANAマイレージ
レギュラー 0.5% 0.555% 0.568% 0.667% 0.6%
スペシャル 0.75% 0.832% 0.852% 1% 0.9%
プレミアム 1% 1.11% 1.136% 1.334% 1.2%

常に1%を超える還元率となるのはプレミアムステージだけとなっています。
メインカードとしてライフカードを使う場合、プレミアムステージ条件をクリアできるかどうかが一つの目安となると思います。

 

ボーナスポイント

■お誕生月ポイントボーナス

旧ポイントプログラムで大好評だった、お誕生月5倍ポイントですが嬉しいことに存続しました。

誕生月のライフカードの利用は、基本ポイントが5倍になります。
ただし、これはステージボーナス等とは重複しませんのでご注意を。

・お誕生月ボーナス時のポイント還元率

  ギフト券5千円分 1万円分 5万円分 10万円分 ANAマイレージ
お誕生月 2.5% 2.775% 2.84% 3.335% 3%

誕生月は、超高還元率カードになりますので、ライフカードをメインカードにしましょう。
大きな買物をする予定があったら、自分の誕生月まで待ってライフカードで買物をするのもアリです。

 

■スペシャルボーナス

1年間の利用金額が50万円以上で300ポイント(約1,500円分)プレゼントされます。

 

■新規入会キャンペーンポイント

入会後1年間はポイント1.5倍
(つまり最初からスペシャルステージ適用)

Edyチャージ

ライフカードはEdyチャージができて、なおかつポイントが貯まる数少ないカードの一つです。

しかしEdyチャージの場合、付与される基本ポイントは半分になります。(そしてお誕生月ポイント・ステージポイント・新規入会キャンペーンポイントは対象外です)

以前はポイントは通常通り付与されて、さらに誕生月にEdyチャージするという荒業で、たくさんポイントが貯まったのですが、改悪されて基本ポイントが半分に&誕生月ポイント対象外となってしまいました。

ですが、Edyチャージに対するポイント付与自体を廃止するカード会社が多い中、半分でも付与してくれるのは良心的かなと思います。

・Edyチャージ時のポイント還元率

  ギフト券5千円分 1万円分 5万円分 10万円分 ANAマイレージ
Edyチャージ 0.25% 0.277% 0.284% 0.333% 0.3%

 

少額利用でのポイント

1,000円未満の金額にはポイントを付与しないカード会社が多いですが、ライフカードは100円単位でポイントを付与してくれます。(例:5,200円→5.2ポイント付与)

他では切り捨てになるような額にもちゃんとポイントを付与してくれるのは嬉しいサービスです。

小さいことですが、塵もつもれば・・・で長期的には結構差がつくかもしれません。

 

家族間でポイント分け合い可能

ポイントをポイントギフトとして家族間でやりとりできます。
有効期限が5年と長いのでそれほど問題にはなりませんが、「あともう少しであの商品と交換できるけど有効期限が……」なんていう状況のとき役立つサービスです。

付帯保険等

カード会員保障制度というのが付いています。
これは、万が一カードが紛失・盗難に遭って不正使用されても届け出れば、届けた日から60日前までさかのぼって、不正使用された損害分を保障してくれる制度です。

また、通常のライフカードには旅行傷害保険は付いていません。

もし必要な方には、ライフカード(旅行傷害保険付)
というのがあります。
ただし、こちらは年会費が1,250円(税抜)かかります。(初年度は無料)

 

詳細・申込→ライフMasterカード

前へ戻る研究済みクレジットカード一覧へ戻る
HOMEトップページへ戻る

スポンサーリンク
記事下レクタングル大
記事下レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加