金券ショップを有効活用しよう

金券ショップって行ったことありますか?

たくさんの種類の金券が数%引きで売られています。
賢く使えば、結構お得ですよね。

しかし・・・さらにお得な使い方があるんです。

それは、クレジットカードと金券ショップを組み合わせて利用する方法です。

やり方を簡単に説明すると、

金券ショップで、クレジットカードを使って商品券・ギフト券・食事券等を購入する。

購入した金券類を使って買物をする。

これだけです。

メリット

金券ショップの割引率とクレジットカードの還元率が合わさって、さらにお得!

金券ショップでは金券類が数パーセント引きで売られています。

例:音楽ギフトカード1,000円券→960円(4%引き)
ジェフグルメカード500円券→480円(4%引き)
図書カード1,000円分→960円(4%引き)
VISAギフトカード1,000円券→990円(1%引き)

それら割引された金券類を、クレジットカードで買います。

そうすると、利用額に応じてポイントが貯まります。

クレジットカードが使えないお店でも間接的にクレジットカード払いができる!

吉野家などのファーストフード店や一部のファミレスなどでは、クレジットカードが使えません。

ただ、食事券は利用できます。

そこでクレジットカードで購入した食事券を使って代金を払うのです。

これで間接的にクレジットカード払いができることになります。

ケーススタディ

ファーストフード店の場合

昼ごはんにファーストフード店を利用する方は多いと思います。

セットで頼んだとしたら500円ぐらいかかりますよね。

年間で考えたら相当な額になりそうです。

仮に1年間、30,000円分ファーストフード店で食事をするとしましょう。(月5回計算)

食事の支払いは、クレジットカード(ポイント還元率1%)で購入したジェフグルメカード(4%引き)で支払います。

ポイント還元率1%+金券4%引き=5%
30,000円×5%=1,500円

年間あたり1,500円お得になります。

注意点

クレジットカードが使える金券ショップが少ない

残念なことに、クレジットカードを利用できる金券ショップはすごく少ないです。

もし家の近くで、使える金券ショップを見つけたらラッキーです。どんどん活用しましょう!

nextリボ払い専用カードの裏技へ進む

スポンサーリンク
記事下レクタングル大
記事下レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加