GEカード ポイントプログラム研究

GEカード ポイントプログラム研究

GE Point Plus


GEカードのポイントプログラムの特徴は、年間カード利用額によってポイント付与数が変化するところです。


「Stage1」「Stage×3」「Stage×4」「Stage×5」「Stage×6」と5つのステージが用意されていて、年間(毎年1月~12月)のご利用金額の合計に応じて翌年の適用ステージが変わります。


ステージ名はポイントの倍率を表していて、「Stage×6」なら「Stage1」の6倍です。



ポイント還元率



1ポイントの価値は、50,000ポイントで5,000円分のギフトカードと交換なので、

1ポイント=0.1円


ポイント付与は適用ステージによって変わるので、ステージ別にポイント還元率を算出してみると、

ステージ名 年間利用額 ポイント付与 ポイント還元率
Stage1 200,000円以下 100円→2ポイント 0.2%
Stage×3 200,001~350,000円以下 100円→6ポイント 0.6%
Stage×4 350,001~450,000円以下 100円→8ポイント 0.8%
Stage×5 450,001~650,000円以下 100円→10ポイント 1.0%
Stage×6 650,000円以上 100円→12ポイント 1.2%




バースデーボーナス



カードを誕生日月に利用すると、100円につき2ポイント加算されます。

ポイント還元率に直すと、0.2%加算されることになります。



ポイント有効期限



ポイントを獲得した翌年末まで有効なので、有効期限は最大で2年です。



まとめ



「Stage1」はポイント還元率0.2%とありえないほど低すぎですが、年間利用額が上がってくるにつれて高還元率カードになります。(「Stage×6」で1.2%)


注意が必要なのは、適用ステージは前年の年間利用額によって決まるということです。

新規にカードを作った場合は、Stage×3からのスタートとなります。(ポイント還元率0.6%)


初年度からポイントをたくさん貯めたいという人のために手数料を払ってステージをグレードアップするというサービスもあります(月々200円でStage×5、月々300円でStage×6)が、手数料分がポイント還元率を押し下げることになりますので、微妙なサービスです。相当なカード利用額があって、やっと手数料の元がとれる感じです。


誕生日ボーナスは+0.2%とお得度は少ないですが、嬉しいサービスです。

 

スポンサーリンク
記事下レクタングル大
記事下レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加