Edy(エディ)を有効活用しよう

Edyって知っていますか?
最近ではEdy内蔵の携帯電話が増えてきましたね。

Edyとは、先に支払った金額分だけキャッシュレスで買物できる電子マネーです。

クレジットカードとちょっと似ているんですが、実は結構違います。

決定的に違うのがクレジットカードが後払い方式なのに対してEdyは前払い方式です。
どっちかというとEdyはプリペイドカードに近いです。

それと、元々Edyにはクレジットカードと違ってポイント制度のようなものはなかったのですが、最近ではEdyを使ってもポイントが貯まるようなサービスがどんどん拡がってきて、Edy単体で使ったとしてもかなりお得になりました。

しかし、Edyはクレジットカードと組み合わせると、すごい威力を発揮します。

Edyの使い方&機能

STEP1:チャージ(入金)

PaSoRi(パソリ)を使って、クレジットカードから入金します。

すべてのクレジットカードがEdyチャージに対応している訳ではありません。
詳しくはこちら

STEP2:買物

支払いの際に、Edyを端末にかざして「シャリ~ン♪」と鳴ったら終了。

注意点

<Edyのチャージ上限は5万円>

上限が5万円なので5万円を超える支払いにはEdyは使えないんじゃないかと思うかもしれませんが、1回の支払いで5枚まで使うことができます。

つまり上限までチャージしたEdyを5枚使うことで、25万円までの決済に使えます。

<チャージするのに、PaSoRi パソリが必要>

Edyカードにチャージするには、PaSoRi パソリという非接触ICカードリーダが必要になります。

 PaSoRi パソリ

最近ではソニー製のテレビやパソコンに標準装備されていたりします。

またおさいふケータイのEdyにチャージする際は、パソリは必要ありません。

Edyのメリット

ポイントの2重取りができる

クレジットカードからEdyにチャージする際に、チャージ分のクレジットカードのポイントが貯まります。

最近ではEdyチャージ分はポイント付与対象外なんていうカードが増えてきましたので事前に確認が必要ですが、まだまだポイント貯まるカードも多いです。

そして、チャージされたEdyを使って買い物をすると、そこでもあらかじめ登録してあったポイントが貯まるようになっています。

登録できるポイントは、楽天スーパーポイント・Tポイント・ANAマイル・Pontaなどが登録できます。詳しくはこちら

つまり、Edyチャージでクレジットカードのポイントが貯まり、Edy使用でEdyのポイントが貯まるというポイント2重取りができるのです。

next金券ショップを有効活用しようへ進む

スポンサーリンク
記事下レクタングル大
記事下レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加