ANA VISAカード

ANA VISAカード

カード基本情報

ANA VISAカード 三井住友VISAカード株式会社
ANA VISAカード 詳細・申込→ANA VISAカード
年会費 国際ブランド ポイント還元率 ポイント有効期限
2,100円(*1) VISA 0.5%~1.15% 2年間
ETCカード 家族カード ロードサービス 空港ラウンジ
年会費1,050円 なし なし
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 Edyチャージ
付帯 一部付帯 付帯(条件あり) 可(ポイント付与なし)
マイレージ マイレージ還元率 移行手数料 移行上限
ANAマイル 2%~2.78% 無料 or 年間6,300円 なし
その他サービス

(*1)初年度年会費無料
入会時、毎年のカード継続時に1,000マイルプレゼント

+10%のブライトボーナスマイル

マイル還元率

ANA VISAカードには、三井住友VISAカードのポイントプログラム「ワールドプレゼント」が適用されます。

カード1,000円利用で1ポイント貯まり、それをANAマイレージや金券等に交換することができます。

また、ポイントプログラム「ワールドプレゼント」にはボーナスポイントがあり、前年度の年間カード利用累計額によってステージが決まり、ボーナスポイントが貰えます。

前年度カード利用累計額 ステージ ボーナスポイント
50万円以上、100万円未満 V1 50万円で50ポイント、以降10万円ごとに10ポイント
100万円以上、300万円未満 V2 50万円で75ポイント、以降10万円ごとに15ポイント
300万円以上 V3 50万円で150ポイント、以降10万円ごとに30ポイント

なお、ボーナスポイントと通常ポイントの価値はイコールではありません。
マイル交換レートがボーナスポイントは低く設定されているためです。

貯めたポイントはマイルに交換するわけですが、交換レートが2種類あり以下のようになっています。

コース 5マイルコース

10マイルコース

交換レート 1ポイント=5マイル 1ポイント=10マイル
移行手数料 無料 年間6,300円

手数料がかかりますが、ポイントをマイルに移行するときは10マイルコースを使います。
ボーナスポイントは1ポイント=3マイルで、こちらはコースに関係なく移行手数料は無料です。

以上の情報を元にマイル還元率を算出すると、

通常ポイント:1,000円→10マイル = マイル還元率2%
(1マイル=2円換算、10マイルコース適用)

ボーナスポイント:
(ステージV1)100,000円→30マイル = マイル還元率0.06%
(ステージV2)100,000円→45マイル = マイル還元率0.09%
(ステージV3)100,000円→90マイル = マイル還元率0.18%

よって、

マイル還元率は、
(ステージV1):マイル還元率2.06%
(ステージV2):マイル還元率2.09%
(ステージV3):マイル還元率2.18%

となります。

マイペイすリボでマイル還元率アップ

ここまでですと、ANA JCBカードとマイル還元率は大差なく、ANA VISAカードのほうが移行手数料が高い分少し不利だったのですが、マイペイすリボを有効活用するとANA VISAカードが有利になります。

マイペイすリボとは支払い方法を自動的にリボ払いにするサービスです。
マイペイすリボを設定すると以下の特典が得られます。

・ポイント2倍(ただし、ボーナスポイントとして付与)
・年会費2,100円が1,076円に減額
・ショッピング保険付帯

これだけの特典を貰えるのは非常においしいのですが、普通にリボ払い手数料を払ったらポイントで得するどころか損してしまいます。(リボ払い手数料は年率15%です。)

以前はリボ払い手数料を完全に回避しつつ、特典だけもらうということができたのですが、規約変更により今はできなくなっています。

しかし、今でも「できるだけ」リボ払い手数料を回避しつつ特典をもらうことができます。


現在マイペイすリボの特典は、リボ払い手数料が発生した月のカード利用代金についてボーナスポイントを付与することになっています。
つまり、1円でも手数料が発生していれば、その月のカード利用代金全額がボーナスポイントの対象になります。

そこで、翌月に小額の手数料が発生するように繰上げ増額返済してしまいます。
WEB上からなら1,000円単位で、ローソンのロッピーからなら1円単位で繰上げ返済できますので、かなり細かく調整することが可能です。

毎月この作業が必要なので、ちょっと(いや、かなり?)面倒なのですがやる価値はあると思います。

なお、この作業によって還元率がどれだけ上がるかですが、マイペイすリボによって付与されるポイントはボーナスポイントなので、1ポイント=3マイルでの移行レートとなります。

マイペイすリボのボーナスポイント:1,000円→3マイル = マイル還元率0.6%

すべてのポイントを合算して、ステージ別に分けると以下のようになります。

(ステージV1):マイル還元率2.66%
(ステージV2):マイル還元率2.69%
(ステージV3):マイル還元率2.78%

毎月の繰上げ増額返済は面倒だからやらないという人も、リボ払いの毎月の支払額をカード限度額に設定すれば、一括払いのように使いつつ年会費割引、ショッピング保険付帯という特典を得られるので、マイペイすリボには登録しておくべきです。

マイル移行手数料

ワールドプレゼントのポイントの有効期限は2年間ですので、すぐにマイルに交換する必要はありません。
そこで、無料の5マイルコースと年間6,300円かかる10マイルコースを1年ごとに変更していって、10マイルコースの時にまとめてポイントをマイルに交換すると移行手数料を節約することができます。

Edy機能

ANA VISAカードには、電子マネーEdyが搭載されています。

しかしEdyチャージはポイント付与対象外なので、ご注意を。

電子マネーチャージでもポイントを貯めたい場合はANA VISA Suicaカードをオススメします。
そちらはSuicaチャージもポイント付与対象となっています。

カードラインナップ

一般カード ワイドカード ワイドゴールドカード 学生カード
ANA VISA 一般カード ANA VISA ワイドカード ANA VISA ワイドゴールドカード ANA VISA 学生カード
年会費2,100円 年会費7,612円 年会費14,700円 在学中年会費無料
年会費初年度無料
(2012年3月31日まで)
入会・継続ボーナスマイルup
搭乗ボーナスマイルup
入会・継続ボーナスマイルup
搭乗ボーナスマイルup
マイル移行手数料無料
在学中年会費無料

キャンペーン・ボーナスマイル

・年会費初年度無料(一般カードのみ)2012年3月31日まで

・入会、毎年の継続時1,000マイルプレゼント
(これによってカード年会費分は十分に元がとれます)
(ワイドカード、ワイドゴールドカードは2,000マイルになります。)

・+10%または25%の搭乗ボーナスフライトマイル

(入会キャンペーン) 抽選で200名様にAmazonギフト券1,000円分プレゼント

詳細・申込→ANA VISAカード

 

前へ戻る研究済みクレジットカード一覧へ戻る
HOMEトップページへ戻る

スポンサーリンク
記事下レクタングル大
記事下レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加