航空会社比較

航空会社比較

マイルを貯める時のポイントは、選択と集中です!

なぜなら、航空会社間でのマイルの交換はできないからです。

マイルには有効期限がありますので、一つにまとめないと損してしまいます。
期限内に必要マイル数まで足りずに有効期限切れ…なんてことになったらそれまでの苦労が水の泡です。

それでは、航空会社を比較していきましょう。

国内航空会社vs海外航空会社

国内航空会社

国内航空会社とは、ANA(全日空)とJAL(日本航空)のことです。

メリット

・国内カード会社の多くと提携していて、ポイントをマイルに交換しやすい。
(クレジットカードでマイルを貯める人にとって重要です)

・マイル加算率が良い。

・提携店舗が多い。
(利用するとボーナスマイルがもらえます)

デメリット

・マイルに有効期限がある(翌々年末日=最大3年)

海外航空会社

海外航空会社とは、ユナイテッド航空やデルタ航空などのことです。

メリット

・マイルの有効期限がない
(以前はそうでしたが、最近はどこも有効期限を設定するようになりました。今でも有効期限がないのはほんの一部です。)

・格安航空券やツアーのマイル加算率が良い
(国内航空会社だとマイル加算率が50%なのに対して、海外航空会社はマイル加算率100%)

デメリット

・国内で提携している企業が少ない
(カード会社のポイントをマイルに交換しにくかったり、できないのは陸マイラーにとって致命的です。)

まとめ

クレジットカードでマイルを貯める場合、圧倒的に国内航空会社が有利です!

なぜなら、クレジットカードで貯まったポイントをマイルに交換しやすいからです。

マイルに有効期限がありますが、しっかりクレジットカードを活用すれば問題ありません。

 

ANA vs JAL

次に国内航空会社であるANA(全日空)とJAL(日本航空)を比較しています。

ここでのポイントは、アライアンス(航空連合)・電子マネー・ポイントです。

ANA(全日空)

アライアンス:スターアライアンス

電子マネー:Edy

ポイント: 楽天スーパーポイント,Tポイント

・アライアンス

全日空はスターアライアンスに所属しています。
スターアライアンスは現在、世界一大きい航空連合で28の航空会社が加盟しています。(2010年10月現在)

他の航空会社の飛行機に乗ったとき、その会社が同じ航空連合に属していればANAのマイルを貯めることができます(条件等いろいろあります)。

世界最大の航空連合ということは、マイルが貯まりやすい環境にあるといえます。

またマイルを特典航空券に交換するときも選択肢が拡がります。(ANAのマイルをスターアライアンス加盟各社の航空券と交換することができます)

・電子マネー

ANAはEdyと提携しています。

Edyの利用でもマイルが貯まります!(200円→1マイル)これは大きいです。

Edyは日本で一番普及している電子マネーですから使い勝手は抜群です。

・ポイント

クレジットカードと電子マネーだけでなく企業がやっているポイントからもマイルを貯めることができます。

メジャーなポイントでは、楽天スーパーポイントとTポイントがANAのマイルに交換することができます。

楽天関連サービスをよく利用する方、Tポイント加盟店をよく利用する方は、さらに効率よくANAマイルを貯めることができるようになります。

JAL(日本航空)

アライアンス:ワンワールド

電子マネー:Suica,WAON

ポイント: Yahoo!ポイント

・アライアンス

JALはアライアンスには属さず、ずっと独立体制を保っていましたが、2007年4月ワンワールドに加盟しました。

ワンワールドは現在12の航空会社が加盟しています(2010年10月現在)

スターアライアンスと比べると見劣りしてしまいますが、ワンワールドに加盟している航空会社には各エリアで広大なネットワークを持っているフラッグキャリアが加盟しているので不便さは感じません。

デメリットとしては料金設定が高めの航空会社が多いということがいえるかもしれません。

・電子マネー

JALは、Suica・WAONと提携しています。

Suicaとは提携していますが、JALマイルをSuicaに交換できるだけでSuicaを使うとJALマイルが貯まるってわけではありませんので、価値は低いです。

もう一つのWAONですが、電子マネーとして出遅れ感があるも最近は使える場所も増えてきて、存在感を増してきています。

WAONを使うことでマイルを貯められます。(200円→1マイル)

・ポイント

メジャーなポイントでは、Yahoo!ポイントがJALマイルに交換することができます。

まとめ

ANAマイル   JALマイル
アライアンス  
電子マネー  
ポイント  

こんな感じで、総合的にみてANAマイルの方がマイルを貯めやすいです。

といってもすごい差があるってわけでもないので、これらのことを頭に入れて、それぞれのクレジットカードのマイル還元率などを比較して決めるといいでしょう。

やはりマイルを貯める際にメインとなるのはクレジットカードなので。

クレジットカードのほうは、マイルが貯まるクレジットカードでANAとJALに分けて解説していきます。

nextマイル編:ポイントをマイルに交換するへ進む
HOMEトップページへ戻る

スポンサーリンク
記事下レクタングル大
記事下レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加